自分たちが植えたクリスマスツリーに飾りつけをしました。
売っているものやできているものを飾るのも素敵ですが、
ソライロでは自分たちが作ったものを飾っていきました。

027

まずは土台づくり。厚紙やダンボールに絵の具を塗り、その上から水性ニスを塗ります。
絵の具は子どもたち好きですね~ぐちゃぐちゃ具合が良い仕上げになりそうです。

008

クリスマスツリーなどに切り取り、毛糸を巻きつけました。
「いーとーまきまき いーとまきまき」とうたいながら

006

上手にできたね~

011

はりがねモールは便利ですね。小さな子どもたちでも自分たちで飾りつけができました。

025

自分たちが拾ってきたどんぐりをつかって飾りづくり。
木工用ボンドのにおいをはじめて嗅いだこは「うわー!」といっていました。

035

次はひもとおし。「へびさんおなかすいてるんだって」と声をかけたら
へびさんがおなかいっぱいになるまで集中して行うことができました。
ちょっとしたことなのですが、ものを何かに擬人化したり擬態したりすることで子どもたちの活動が、具体化してくることがあります。ここでは出来上がった時に「へびさんおなかいっぱいになったよ」といってできあがったものをみせてくれました。

036

作っていく過程では、子どもたちがどのような色合いにしていくのかを見ることができ見ている方も楽しいです。

049

だんだん増えていく飾りたち。少しずつ増えていくのっていいですね。

002

今年のクリスマスツリー。素敵ですね。来年は、自分で考えたもの作ったものが飾れたらいいな~と思います。